Illustratorで缶バッジを作ってみよう!

2014/03/07

こんにちは〜
今回は、Illustratorで缶バッジを作ってみたいと思います。

デザイン制作をしていると、缶バッジ風に加工したい時ってあると思います。
そんな時にオススメです。

Illustratorで缶バッジを作ってみよう!

STEP1

楕円形ツールで[幅:38mm][高さ:38mm]の円を描きます。

badge1

 

STEP2

円をコピーして全面にペーストします。
ペーストした円を[塗り:ホワイト][幅:35mm][高さ:35mm]にします。

badge2

 

STEP3

もう一度、円をコピーして全面にペーストします。
ペーストした円を[塗り:ブラック][幅:38mm][高さ:31mm]にします。

badge3

 

STEP4

[移動ダイアログ]に[垂直方向:0.5mm]を入力し、下に0.5mm移動します。
※[移動ダイアログ]は[選択ツール]でオブジェクトの上で[enter]をクリックします。

badge4

 

STEP5

[選択ツール]で黒いオブジェクトと白いオブジェクトを選択し、[パスファインダパネル]の[全面オブジェクトで型抜き]ボタンをクリックして分割します。

badge5

 

STEP6

[選択ツール]で先程、分割したオブジェクトを選択し、[効果]→[スタイライズ]→[ぼかし]を選択し、[ぼかしダイアログ]を表示します。

badge6

 

STEP7

[ぼかしダイアログ]の[ぼかしの半径:1mm]にしてぼかしを適用します。

badge7

 

STEP8

先程コピーしたオブジェクト(35mm×35mmの円)をもう一度全面にペーストします。

badge2

 

STEP9

[アンカーポイントの削除ツール]で円の下部のアンカーポイントをクリックし、アンカーポイントを削除します。

badge8

 

STEP10

[選択ツール]で先程、アンカーポイントを削除したオブジェクトを選択し、[効果]→[スタイライズ]→[ぼかし]を選択し、[ぼかしダイアログ]を表示します。
[ぼかしダイアログ]の[ぼかしの半径:4mm]にしてぼかしを適用します。

badge9

 

STEP11

[透明パネル]で[不透明度:10%]にします。

badge10

 

STEP12

上部と下部の光の部分を選択し、[回転ツール]をダブルクリックし、[回転ダイアログ]を表示します。
[角度:45]にし、45度回転します。

badge11

 

STEP13

[選択ツール]でオレンジの円を選択し、[効果]→[スタイライズ]→[光彩(内側)]を選択し、[光彩(内側)ダイアログ]を表示します。

badge12

 

STEP14

[描画モード:乗算][カラー:ブラック][不透明度:75%][ぼかし:2mm]にし、[境界線]にチェックを付けます。

badge13

 

STEP15

[効果]→[スタイライズ]→[ドロップシャドウ]を選択し、[ドロップシャドウダイアログ]を表示します。

badge14

 

STEP16

[描画モード:乗算][不透明度:75%][X軸オフセット:1.5mm][Y軸オフセット:1.5mm][ぼかし:1mm]にし、[カラー]にチェックをし、[カラー:ブラック]にします。

badge15

 

STEP17

後はお好みで文字等を入れれば完成です!

badge16

 

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】【Mac OS X & Windows 対応】
Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】【Mac OS X & Windows 対応】

 

いかがでしたか。数値等はお好みで変更してみて下さい!
以上で「Illustratorで缶バッジを作ってみよう!」でした。

topへ戻る