すごいエディタ「Sublime Text」に乗り換えました!

2014/02/16

sublimetext

こんにちは。
今回は、もう既に知っている方もたくさんおられると思いますが、人気のエディタ「Sublime Text」の紹介をしたいと思います。
私も最近、乗り換えたばかりなのでこの記事を見て乗り換えてみようと思ってもらえたら嬉しいです!

src1

すごいエディタ「Sublime Text」!

乗り換えた理由

  • 見た目が格好いい
  • 高機能で高速
  • カスタマイズが柔軟にできる
  • 豊富なプラグイン
  • MacでもWindowsでもLinuxでも使える

 

独自機能

Minimap

上部右側に縮小マップがあります。
これを見る事によって自分がどの位置を編集しているのかが分かります。

Multi Cursor

  • Cmd を押しながら、ドラッグして複数ヶ所を同時に選択して編集することが出来ます。
  • Cmd + D 次のキーワードを追加選択することが出来ます。
  • Cmd + U 「選択」「カーソルの位置」などを戻すことができます。

 

Command Palette

Cmd + Shift + P で分からないショートカットなどを探して実行できます。

 

Goto Anything

Cmd + P でGoto Anythingのパレットを出します。
:で指定の行に飛べます。
@でシンボル(IDとか関数とか)を検索できます。

 

その他

  • プロジェクト管理ができる。
  • 保存し忘れても、次回エディタを立ち上げたときに最後に編集された状態が復元されます。

 

ダウンロード

http://www.sublimetext.com/2

 

機能設定

「Preference」-「Settings – User」を開きここに設定をします。
「Preference」-「Settings – Default」は初期設定なので、コピーするだけで触らないようにします。
defaultから変更したい項目をコピーしてuserの方に書き込みます。
※defaultはアップデートの時に上書きされますのでuserの方に書き込むようにしましょう。

 

こんな感じで変更します。
お好みでカスタマイズしちゃって下さい。

 

ショートカットのカスタマイズ

「Preference」-「Key Bindings-User」に書き込みます。
先ほどの機能設定と同じでdefaultから変更したい項目をコピーしてuserの方に書き込みます。
※「super」は Cmd を表しています。

 

プラグインのインストール

Package Controlをインストールします。
「View」–「ShowConsole」でコンソールを開き、下部に出てくる入力エリアに下記をペーストして再起動して下さい。

 

sublimetext2はこちら

 

sublimetext3はこちら

 

Cmd + Shift + P でCommand Palette を開き「install」と入力します。
Package Control:Install Package を選択して Enter を押すとインストール可能な Package の一覧が出てきます。
後はインストールしたい Package 名を入力して、もう一度 Enter を押します。
インストール中は左下に「=」が現れます。
消えたらインストールが完了しましたので再起動します。

 

Web制作者のためのSublime Textの教科書
Web制作者のためのSublime Textの教科書

 

プラグインはたくさんありますので、自分に合った物探して見て下さい。
以上で「Sublime Text」の紹介でした。

topへ戻る