特定のページにコードを埋め込めるWordPressプラグイン「CSS & Javascript Toolbox」!

2015/11/24

こんにちは。
今回は特定のページにコードを埋め込めるWordPressプラグイン「CSS & Javascript Toolbox」!です。

ブログなどを書いていると、このページだけCSSやJavascripなどのコードをヘッダーやフッターに追加したいって時ありますよね。
そんな時に便利なWordPressプラグインを紹介します。
また、コードを追加できるだけでなく、管理もできるのでかなり便利ですよ。

特定のページにコードを埋め込めるWordPressプラグイン「CSS & Javascript Toolbox」!

css-javascript-toolbox

https://wordpress.org/plugins/css-javascript-toolbox/

 

「CSS & Javascript Toolbox」のダウンロード

WordPressの管理画面から[プラグイン]→[新規追加]をクリックします。
「CSS & Javascript Toolbox」と検索し、「CSS & Javascript Toolbox」の
[いますぐインストール]をクリックしてインストールします。
[プラグイン]→[インストール済みプラグイン]をクリックし、「CSS & Javascript Toolbox」を有効化します。

 

「CSS & Javascript Toolbox」の設定

css-javascript-toolbox2

WordPressの管理画面から[CSS & Javascript Toolbox]をクリックします。
「Install」のボタンをクリックしてインストールします。

 

css-javascript-toolbox3

「Start」のボタンをクリックして始めます。

 

「CSS & Javascript Toolbox」の使い方

css-javascript-toolbox4

まずは「New Code Block」のボタンをクリックします。

 

css-javascript-toolbox5

「Name」に名前を入力し、「Location Hook」に「header」か「footer」を選択します。
次に「Create」のボタンをクリックし生成します。

 

css-javascript-toolbox6

画面左側に追加したいCSSやJavaScriptなどのコードを記述します。
画面右側にどのページにコードを追加したいか選択します。
固定ページだと「Pages」、投稿ページだと「Posts」を選択して、追加したいページにチェックします。
あと、カテゴリーもできます。

 

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

 

いかがでしたか。テンプレート触らないで、ページ毎にコードを追加できるのは便利ですね。
以上で特定のページにコードを埋め込めるWordPressプラグイン「CSS & Javascript Toolbox」!でした。

topへ戻る