建築家ユニットのSANAAの建築作品7選。金沢21世紀美術館やルーブル・ランスなど

2017/12/23

こんにちは。
今回は建築家ユニットのSANAAの建築作品7選。金沢21世紀美術館やルーブル・ランスなどです。

世界で美術館などの様々な建築を手掛けている建築家ユニットのSANAA。
ラビットチェアのデザイナーとしても有名ですよね。
そこで、今回は建築家ユニットのSANAAの建築作品をまとめました。

SANAAとは

SANAA(サナア、Sejima and Nishizawa and Associates)は、妹島和世(せじまかずよ)と西沢立衛(にしざわりゅうえ)による日本の建築家ユニット。
プリツカー賞、日本建築学会賞2度、金獅子賞他多数受賞。
2013年、棚瀬純孝、ユミコ ヤマダ、山本力矢をパートナーとした。

wikipedia

SANAAの建築作品!

金沢21世紀美術館

sanaa

 

金沢21世紀美術館(かなざわにじゅういちせいきびじゅつかん)は、石川県金沢市広坂にある現代美術を収蔵した美術館。
愛称はまるびぃ(由来は「丸い美術館」)であるが、一般的には「21美(にじゅういちび)」と呼ばれることが多い。
もと金沢大学附属中学校・小学校・幼稚園があった場所に、2004年10月9日に開館した。
観光客の多く立ち寄る兼六園の真弓坂口の斜め向かいに当たり、金沢城を復元中の金沢城公園の入口からも近い。
繁華街の香林坊や片町からも徒歩圏内にある、市の中心部に立地した都心型の美術館。
周囲には金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などテーマの異なる芸術関連施設があり、文化ゾーンを形成している。

wikipedia

SANAAの代表作でもある金沢21世紀美術館!
円形の建物で、総ガラス張りのおしゃれな建物です。
この作品で、SANAAは金獅子賞や日本建築学会賞、毎日芸術賞を受賞しています。
すごすぎですね。

金沢21世紀美術館 | 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa.

 

 

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート

sanaa2

 

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート(New Museum of Contemporary Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区ロウアー・イースト・サイドにある、現代美術専門の美術館である。
2007年12月にマンハッタンのバワリー地区プリンス通りに移転し、再開館した。
新しい建物は日本の建築家、妹島和世・西沢立衛(SANAA)とゲンスラー (Gensler) によって設計され、展示スペースが大きく拡張された。

wikipedia

SANAAとゲンスラーが設計した美術館「ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート」!
箱を積み重ねてずらしたような建物で、ずらしたことによりできた空間をトップライトやテラスに使われていますよ。
アルミ二ウムのメッシュに覆われた無機質な雰囲気とポップなフォルムの組み合わせが素敵ですね。

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート公式ウェブサイト(英語)

 

 

熊野古道なかへち美術館

sanaa3

 

田辺市立美術館分館 熊野古道なかへち美術館(たなべしりつびじゅつかんぶんかん くまのこどうなかへちびじゅつかん、Kumanokodo Nakahechi Museum)は、和歌山県の熊野古道中辺路の近露近くの山々に囲まれた谷間に建つ近代的な公立美術館である。
日本画家・野長瀬晩花と南画家・渡瀬凌雲の作品を中心とする郷土ゆかりの日本画家作品など1000点以上収蔵し、展示している。
建物は、光が放出しているガラス箱のような特徴的な外観である。
館内は展示室を囲むように回廊があり、裏側に休憩コーナーがある。
回廊とロビーは全面ガラス張りになっているので、そこで古道の美しい風景を眺めて過ごすこともできる。
古道を歩く人々が気軽に立ち寄れるスポットである。

wikipedia

SANAAが最初に手掛けた美術館で、初期の代表作「熊野古道なかへち美術館」!
ガラスと黒いパネルを組み合わせた外壁に半透明のフィルムを貼ることで、ガラスがカーテンのような柔らかい雰囲気に仕上がっています。
光を利用して壁に景色を映し出すことで、周囲の景観にうまく解け込んだ美術館となっていますよ。

熊野古道なかへち美術館|和歌山県田辺市

 

 

ツォルフェアアイン・スクール

sanaa4

 

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州エッセンにある産業遺産である。
ヨーロッパ産業遺産の道のアンカーポイントの一つであり、2001年にはユネスコの世界遺産に登録された。
この施設群での炭鉱業は1847年に見られ始め、採炭は1851年から1986年12月23日まで行われた。
1950年代後半からの数十年は、この施設群の二部門であるツォルフェアアイン炭鉱とツォルフェアアイン・コークス工場(1957年から1961年に建造され、1993年6月30日に閉鎖された)は、この種のものとしてはヨーロッパ最大のものであった。
1932年に開かれたバウハウス様式の第12採掘坑 (Pit 12) は、建築上からも技術上からも傑作と呼べるものであり、「世界で最も美しい炭鉱」との評価を受けている。
2006年には、隣接地に、妹島和世と西沢立衛によるユニットである SANAA が設計したデザイン学校のツォルフェアアイン・スクールが完成し、その形から、地元でツォルフェアアイン・クブス(キューブのこと)と呼ばれている。
なお、デザイン学校の生徒が予定通り集まらなかったため、建物の大半はまだ利用されていないが、教育施設としての活用が検討されている。
2010年にエッセンが欧州文化首都に選ばれたのは、これらの成果が貢献している。
また、同年には、ツォルフェアアイン・スクールを設計した SANAA がプリツカー賞を受賞している。

wikipedia

SANAAがプリツカー賞を受賞するきっかけとなった作品「ツォルフェアアイン・スクール」!
ランダムのように配置された窓が印象的なコンクリートでできたキューブ型のデザイン学校です。
窓から向こう側の窓や空が見えるので、一見ガラスを入れてないようにも見えておもしろいですね。

 

 

ローザンヌ連邦工科大学ラーニングセンター

sanaa5

 

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイスれんぽうこうかだいがくローザンヌこう、英語: Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne (EPFL))は、ヴォー州、ローザンヌに本部を置くスイスの連邦工科大学である。1969年に設置された。
2010年には、日本の建築家ユニットSANAAによるラーニング・センターが竣工している。

wikipedia

スイス連邦工科大学ローザンヌ校に建てられたSANAAが設計の学習センター「ローザンヌ連邦工科大学ラーニングセンター」!
緩やかにうねったユニークな構造が特徴の建物です。
されに上から見ると穴が開いており、そこから光を取り入れています。
内部には壁がなく、巨大なワンルームとなっていますよ。

 

 

ルーヴル・ランス

sanaa6

https://www.louvrelens.fr/

2004年にフランス政府は、ルーヴル美術館の別館をパ=ド=カレーの、以前は炭鉱町として栄えていたが、既に過疎化しているランスに建設することを決定した。
これはパリのルーヴル美術館本館の混雑緩和と全体での入場者数の増加、さらにフランス北部の産業経済振興を目的としたものだった。
計画当初の別館建設候補地としてランスの他に、アミアン、アラス、ブローニュ=シュル=メール、カレー、ヴァランシエンヌの北部5都市の名前が挙がっていたが、最終的に当時の首相ジャン=ピエール・ラファランが、ランスに「ルーヴル・ランス (Le Louvre-Lens)」という名前の別館を建てることを決定した。
そして2005年に、日本人建築家妹島和世と西沢立衛のユニットSANAAがルーヴル・ランスの設計を任され、建築計画が始動した。
2012年12月の開館時に、ルーヴル美術館の関係者は、別館は600点にのぼる美術品収容能力を有し、年間50万人の集客を見込んでいるとした。

wikipedia

フランスのランスに建てられたルーヴル美術館の別館「ルーヴル・ランス」!
外壁は反射率の高いアルミを使うことで、周りの風景を映し出しています。
エントランスはガラス張りで、開放的な雰囲気になっていますよ。

 

 

ディオール表参道

sanaa7

wikipedia

2003年、東京都渋谷区神宮前に建てられたディオール表参道!
ガラスに覆われた透明感のある建物になっています。
階によって高さやアクリルスクリーンの透明度を変えているのがおもしろいですね。
さらによく見るとドレープ状にカーブしているのが分かります。
ディオールらしさを表現した素晴らしい建築ですね。

ディオール オフィシャル ウェブサイト

 

 

続・建築について話してみよう
続・建築について話してみよう

 

いかがでしたか。他にも石神井にあるドゥ・アジュールというデザイナーズマンションも手掛けていますよ。
以上で建築家ユニットのSANAAの建築作品7選。金沢21世紀美術館やルーブル・ランスなどでした。

RELATED POST