建築家の田根剛の建築作品6選。代表作のエストニア国立博物館など

2018/12/03

こんにちは。
今回は建築家の田根剛の建築作品6選。代表作のエストニア国立博物館などです。

パリ在住の気鋭の若手建築家の田根剛氏。
サッカーをやっていたことでも有名ですよね。

その土地を調べ未来に繋げる建築が特徴で、国内外に様々な建築物を手掛けています。
そこで、今回は建築家の田根剛の建築作品をまとめました。

田根剛とは

tsuyoshi-tane

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

田根 剛(たね つよし、1979年(昭和54年)9月14日 – )は、日本の建築家。
フランス・パリを拠点に活動。
ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS主宰。
東京都杉並区出身。

wikipedia

建築家の田根剛の建築作品!

ここからはいよいよ、実際に建築家の田根剛の建築作品を見ていきましょう。

エストニア国立博物館

tsuyoshi-tane1

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

田根剛氏の代表作であり、デビュー作品でもあるエストニアにある博物館「エストニア国立博物館」!
旧ソ連の軍用滑走路があった敷地にそれを延長させたような建築が特徴で、屋根はそのまま傾斜しながらエントランスの大きな庇となっています。

外壁のガラスには民族をモチーフにしたパターンをシルクスクリーンでプリントしてありますよ。
あえて軍用滑走路を使ったアイデアがすごいですね。

 

 

新国立競技場案 古墳スタジアム

tsuyoshi-tane2

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

古墳をモチーフにしたデザインが特徴の田根剛氏の新国立競技場案の古墳スタジアム!
地面に埋まったような古墳をイメージしたスタジアムは、日本らしいデザインとなっています。
古墳スタジアムはファイナリストにも選ばれた作品で、日本はもちろん、世界中で話題になりましたね。

 

 

A House for Oiso

tsuyoshi-tane3

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

神奈川県中郡大磯町にある田根剛氏が設計した個人住宅「A House for Oiso」!
田根剛氏が日本で初めて手掛けた住宅で、施主は田根剛氏の大学時代からの友人です。

敷地の土を使用して4つの箱を作った一階に、それをまたぐように家型の2階がのせてあります。
一階リビングは床を地面より低くし、竪穴住居のようになっていますよ。

 

 

Todoroki House in Valley

tsuyoshi-tane4

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

東京都世田谷区のある田根剛氏が設計した住宅「Todoroki House in Valley」!
1階はガラス張りが特徴で、地面を1mほど掘り下げており、その土で壁をつくっています。

その上には集落のようなユニークな形のヴォリュームを組み合わて構成されていますよ。
等々力のドライ&ウェットな環境に最適な住宅ですね。

この作品はCasa BRUTUS(カーサブルータス)の2018年10月号(美しい住まいの教科書)の表紙にもなっていますよ。

Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2018年10月号 [美しい住まいの教科書]
Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2018年10月号 [美しい住まいの教科書]

 

 

(仮称)弘前市芸術文化施設

tsuyoshi-tane5

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

青森県弘前市にある吉野町煉瓦倉庫に建設予定の美術館「(仮称)弘前市芸術文化施設」!
赤レンガ倉庫をリノベーションして、現代美術館へと生まれ変わるプロジェクトです。
田根剛氏が日本で初めて手掛ける美術館で、オープンは2020年の予定となっていますよ。

 

 

10 kyoto

tsuyoshi-tane6

Atelier Tsuyoshi Tane Architects – Atelier Tsuyoshi Tane Architects

田根剛氏が設計した京都十条で建設中の文化複合施設「10 kyoto」!
解体された建物の古材を使用してつくられたピラミッド型の建築です。
斜め格子状で覆われたファサードが特徴的で、できるのが楽しみですね。

 

 

田根剛氏初の作品集です。
ここで紹介できなかった作品も多数掲載されていますよ。

TSUYOSHI TANE Archaeology of the Future 田根 剛建築作品集 未来の記憶
TSUYOSHI TANE Archaeology of the Future 田根 剛建築作品集 未来の記憶

 

いかがでしたか。どの建築も考古学を取り入れており、おもしろい作品ばかりですね。
以上で建築家の田根剛の建築作品6選。代表作のエストニア国立博物館などでした。

建築家のフランク・ゲーリーが設計した作品をまとめた記事はこちら

建築家のフランク・ゲーリーの建築作品11選。代表作の自邸やグッゲンハイム美術館など
こんにちは。 今回は建築家のフランク・ゲーリーの建築作品11選。代表作の自邸やグッゲンハイム美術館などです。 建築界のノーベル賞...

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいますよ