建築家ユニットのアトリエ・ワンの建築作品6選。代表作のアニハウスやハウス&アトリエ・ワンなど

2020/01/12

こんにちは。
今回は建築家ユニットのアトリエ・ワンの建築作品6選。代表作のアニハウスやハウス&アトリエ・ワンなどです。

塚本由晴と貝島桃代による建築家ユニットのアトリエ・ワン。
住宅を中心に様々な建築物を手掛けていますよね。
そこで、今回は建築家ユニットのアトリエ・ワンの建築作品をまとめました。

アトリエ・ワンとは

アトリエ・ワンは、日本の建築家ユニットで、1992年に結成された。
個人住宅を中心に建築、デザイン活動を行っているが、他にも、都市空間フィールドワークや美術展の活動などもしている。
「アトリエ・ワン」の「ワン」は、数の「One」ではなく、「ワン!」という犬のほえ声である。
だから例えば、これを英語表記すれば「Atelier Bow-Wow」、中文表記すれば「犬吠工作室」となり、言語によって(つまり、犬の鳴き声の表現が言語、文化ごとに違うので)、表記が異なってくる。
建築評論家の飯島洋一によって、「ユニット派」の一員として批判的に評され、その後、アトリエ・ワンといえばユニット派、という風に見られるようになった。
しかし、当の本人たちや、同じく建築評論家の五十嵐太郎やライターの永江朗は、的確でないとして否定的に飯島の論を見ている。
Team Made In Tokyo (TMIT) を結成し、その1996年からの成果をウェブサイトで発表、2001年に鹿島出版会から『メイド・イン・トーキョー』を出版した。
これは、東京をフィールドワーク、観察するものであり、そこで発見した効率、実利に偏重した独特で奇妙な建築を集めている。
また、東京工業大学塚本研究室とのプロジェクトで、「ペット・アーキテクチャー」という用語を提唱している。
これは、東京の建物と建物の隙間などに建てられた「犬小屋以上兎小屋以下」の建築のことで、プロジェクトで積極的に観察を行っている。
この成果は、2000年10月の展覧会での発表を経て、2001年にワールド・フォトプレスから『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』としてまとめられた。
このように、アトリエ・ワンは土木建築を含めた無名の建築にも着目し、有名な建築と同等に、それを自らの建築にいかしているのが、ひとつの特徴といえる。

wikipedia

建築家ユニットのアトリエ・ワンの建築作品!

ここからはいよいよ、実際に建築家ユニットのアトリエ・ワンの建築作品を見ていきましょう。

アニハウス

atelier-bow-wow1

アニハウス│ANI house

神奈川県茅ヶ崎市にあるアトリエ・ワンが設計した住宅「アニハウス」!
半階ずらした3層の建物にすることによって、建築面積を抑え隣家との四方の隙間が同じになるようキューブ型の建物を中央に配置しています。

設計者である塚本由晴の兄の家であることからアニハウスと言うユニークなネーミングがついていますよ。
この作品はアトリエ・ワンの代表作となっており、東京建築士会住宅建築賞を受賞しています。

 

 

ハウス&アトリエ・ワン

atelier-bow-wow2

House & Atelier Bow-Wow

東京都新宿区にある夫婦であるアトリエ・ワンが設計した自身の自宅兼オフィス「ハウス&アトリエ・ワン」!
細長い旗竿地に建てられた建物で、周囲との隙間に向けられた窓が設けられています。

上下で住居とアトリエが分かれており、井戸水を使用した輻射熱冷暖房システムを導入していますよ。
この作品はグッドデザイン賞を受賞しています。

 

 

ミニハウス

atelier-bow-wow3

ミニハウス│MINI house

東京都練馬区にあるアトリエ・ワンが設計した住宅「ミニハウス」!
アニハウスと同様にボックス状の建物を敷地の中央に配置し、水回りやバルコニーなどが張り出しています。

敷地の外周部分の隙間には小さな庭やミニ・クーパーの駐車スペースが設けられていますよ。
この作品は東京建築士会住宅建築賞金賞や吉岡賞を受賞しています。

 

 

尾道駅

atelier-bow-wow4

尾道駅 |Onomichi Station

広島県尾道市にあるアトリエ・ワンが設計した駅舎「尾道駅」!
初代尾道駅舎の特徴であった瓦屋根や深い軒を踏襲した外観の建物で、レンタルサイクルやホテル、カフェ、コンビニなどが併設されています。
1階の中央にはガラス屋根の吹き抜けの解放的なコンコースが設けられており、2階の展望デッキからは尾道水道の景色を楽しむことができますよ。

尾道駅│駅情報:JRおでかけネット

 

 

ロジまちや

atelier-bow-wow5

ロジまちや|Roji Machiya

東京都杉並区にあるアトリエ・ワンが設計した住宅「ロジまちや」!
町屋を現代風に再解釈した建物で、「うなぎの寝床」のような細長い敷地に建てられています。
片側に建物を寄せて露地庭を設け、その庭に向けて窓が設けられていますよ。

 

 

恋する豚研究所

atelier-bow-wow6

恋する豚研究所│Koisuru-Buta Laboratory

千葉県香取市にあるアトリエ・ワンが設計した複合施設「恋する豚研究所」!
4つの赤い屋根が特徴の建物で、レストランや広場、オフィス、工場などが設けられています。
道路側に建物を、駐車場を奥に配置し、通常の施設のイメージとは逆の開けた建築となっていますよ。

恋する豚研究所

 

 

アトリエ・ワンの図面集もありますよ。

図解アトリエ・ワン―GRAPHIC ANATOMY ATELIER BOW‐WOW
図解アトリエ・ワン―GRAPHIC ANATOMY ATELIER BOW‐WOW

 

図解2 アトリエ・ワン
図解2 アトリエ・ワン

 

どれもおもしろい作品となっていますね。
以上で建築家ユニットのアトリエ・ワンの建築作品6選。代表作のアニハウスやハウス&アトリエ・ワンなどでした。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいますよ