おしゃれなデザインのスノードーム6選。インテリアになるかわいいスノードームもおすすめ

2019/12/10

こんにちは。
今回はおしゃれなデザインのスノードーム6選。インテリアになるかわいいスノードームもおすすめです。

雪が舞い落ちる様子を表現したスノードーム。
冬のインテリアの置物としてはもちろん、クリスマスプレゼントにも重宝するアイテムですよね。

スノードームには老舗ブランドのおしゃれなもの、人気のヴィエナスノーグローブ、動物やキャラクターをモチーフにしたかわいいもの、高級感のある大人なデザインのものなど様々です。

他にもブランドやデザイン、サイズ、素材、価格などいろいろなスノードームがあります。
そこで、今回はお部屋のインテリアに馴染むおしゃれなデザインのスノードームのおすすめをまとめました。

おしゃれなデザインのスノードームのおすすめ!インテリアになるかわいいスノードームも

ここからはいよいよ、おしゃれなスノードームのおすすめの商品を紹介していきます。
どのスノードームもおしゃれなものばかりなので、お気に入りのものを見つけやすくなっていますよ。

Big Trike(ビッグトライク) Cool Snow Globes NYC(クールスノーグローブ ニューヨークシティ)

design-snow-globe

Cool Snow Globes(クールスノーグローブ)は、美しい雪や花吹雪や紅葉が舞い踊るこだわりのスノードームです。
ニューヨークの有名な建築物やモニュメントがぎゅっと約10cmの球体の中に凝縮され、幻想的な雪景色を私たちに見せてくれます。
すべてを白一色にしたホワイトと、ゴールドがアクセントになったシルバーの2色からお選びいただけます。
この重厚感は実際に持ってみないとわからないのですが、お部屋のインテリアとしてはもちろん、スノードームをコレクションしている方にもきっと喜ばれる一品です。

アメリカのスノードームブランド、Big Trike(ビッグトライク)のおしゃれなスノードーム「Cool Snow Globes NYC(クールスノーグローブ ニューヨークシティ)」!
ニューヨークの街をモチーフにデザインしたかっこいいスノードームで、高級感のある大人な雰囲気に仕上がっています。

スノードームを振ると、ニューヨークの街に雪が降っているように見える幻想的なアイテムとなっていますよ。
カラーはホワイトとシルバーの2種類あります。

SPEC

  • サイズ:直径10.0×高さ12.0cm
  • 材質:ガラス

Big Trike(ビッグトライク) Cool Snow Globes(クールスノーグローブ)

design-snow-globe2

Cool Snow Globes(クールスノーグローブ)は、美しい雪や花吹雪や紅葉が舞い踊るこだわりのスノードームです。
直径約10cmの球体の中に入った美しい景色が癒しの時間を提供します。
雪が嵐のように吹き乱れるsnow storm(スノーストーム)、並木道に雪が降り冬の情緒的景色を演出しているwinter(ウィンター)、桜の花吹雪が美しいspring(スプリング)、秋の紅葉を閉じ込めたautumn(オータム)4種類からお選びいただけます。
また、ちょっと特別なプレゼントとしてもオススメです。

きれいな雪や紅葉を楽しむことができるBig Trike(ビッグトライク)のおしゃれなスノードーム「Cool Snow Globes(クールスノーグローブ)」!
ガラスの中に美しい景色を詰め込んだ少し大きめサイズのスノードームです。

お部屋のインテリアとして飾るのはもちろん、ちょっとしたプレゼントにもおすすめですよ。
デザインは吹雪のようなシンプルな「snow storm(スノーストーム)」、冬景色を再現した「winter(ウィンター)」、美しい紅葉をイメージした「autumn(オータム)」、2匹の馬が入った「horses(ホース)」の4種類あります。

SPEC

  • サイズ:直径10.0×高さ12.0cm
  • 材質:ガラス

&k amsterdam(アンドケー アムステルダム) ワンダーボールスノーボール

design-snow-globe3

オランダはアムステルダム、&k amsterdamのスノードーム。
ホワイトパウダーが美しく舞います。
冬らしいアイテムではありますが、クリスマスツリーやサンタクロースモチーフではないので、クリスマスまでと言わずもっと長い期間飾って頂けます。
飾りたい場所にさっと置くだけですぐ楽しめる気軽さもいいですね。
スノードームをひっくり返した時のあのキラキラは大人も子供もついつい魅入ってしまうのでは。
コレクターの方も多数居るというスノードーム。
ちょっとずつ集めてみるのも楽しそうですね!

オランダ・アムステルダムのブランド、「&k amsterdam(アンドケー アムステルダム)」のワンダーボールシリーズのおしゃれなスノードーム!
可愛らしい動物が入ったかわいいスノードームで、雪のように美しくホワイトパウダーが舞います。

クリスマス以外でも使用できるデザインのスノードームで、インテリアとして飾りたくなる絵になるアイテムとなっていますよ。
「Eskimos」「Polar bear」「Bambi look back」「White rabbit」「Penguin」「Snow doll」の6種類あります。

SPEC

  • サイズ:W8×D8×H7.5cm
  • 材質:プラスチック

VIENNA SNOW GLOBE(ビエナ スノーグローブ) スノードーム

design-snow-globe4

ガラス玉の中に建物やキャラクターなどのミニチュアを入れて、動かすと雪が舞踊り銀世界へと一変するスノードーム。
1889年のパリ万博に出品後、世界中に広まりました。
英語ではスノーグローブと呼びます。
アーヴェン・ベーツイ1世がウィーンの工房でスノードームの技法を確立したのは1900年。
以来、1世紀以上に渡ってその伝統を守り続けています。
丹精込めてミニチュアの世界を作り上げたら、透き通ったアルプスの雪解け水をドームに満たします。
BOXに入っているので、贈り物に最適です。
雪に見立てたパウダーが美しいスノードームはクリスマスプレゼントにぴったりです。

オーストリアのウィーンにあるスノードームの老舗、VIENNA SNOW GLOBE(ビエナ スノーグローブ)のおしゃれなスノードーム!
世界で初めてスノードームを作った「アーヴェン・ペーツイ3世工房」によるかわいいスノードームです。

職人のハンドメイドで仕上げられたスノードームは、クリスマスはもちろん、普段からお部屋にいくつか並べて飾っておきたいですね。
デザインは「Chapel Blue」「Silent Night」「Holy Family」「Nikolo」「christmastree」「christmassleigh」の6種類あります。

SPEC

  • サイズ:φ8×H11.5cm
  • 素材:球部/ガラス、水
    台座/プラスチック

ATYPYK(アティピック) Dice Roller(ダイスローラー)

design-snow-globe5

2つのサイコロが入ったグリッターグローブ
ゴールドのグリッターが華やかで、インテリアのオブジェに◎
アメリカ カジノを思わせるものの、メイドインフランスというところも面白いです

パリ在住のユニットによるデザインブランド、ATYPYK(アティピック)のおしゃれなスノードーム「Dice Roller(ダイスローラー)」!
ゴールドのカラーがゴージャスな雰囲気のスノードームで、ドームの中には赤いサイコロが入っています。
カジノをイメージしたアメリカンなデザインのスノードームは、インテリアオブジェにおすすめですよ。

SPEC

  • サイズ:Ø55×H70mm
  • 材質:プラスチック

imp. STAR WARS ワイヤレス スノーグローブ スピーカー

design-snow-globe6

世界中でスターウォーズイヤーが盛り上がっている中、スターウォーズの人気キャラクターをスノーグローブの中に封じ込めたクールなワイヤレススピーカーが登場しました。
スマホやPCをBluetoothで接続して音楽を流すことができ、スピーカーの音量に連動してスノーパウダーが美しく舞い踊り、幻想的にライトアップされます。
さらにマイク搭載しているので、通話も可能!
スターウォーズキャラと会話するような擬似体験もできちゃいます。

スターウォーズのデザインを採用したimp.のおしゃれなスノードーム「STAR WARS ワイヤレス スノーグローブ スピーカー」!
スノードームとして見て楽しむだけでなく、ワイヤレススピーカーとしての機能も兼ね備えています。
電源を入れるとドーム部分がライトアップされるのはもちろん、スピーカーの音量によってスノーパウダーが舞うスピードも変化しますよ。

SPEC

  • サイズ:直径10×高さ14.4cm
  • 重さ:約800g
  • ハンズフリー通話可能、有線接続可能

どのスノードームもおしゃれで、コレクションしたくなりますね。
以上でおしゃれなデザインのスノードーム6選。インテリアになるかわいいスノードームもおすすめでした。

おしゃれなオブジェ・置物のおすすめをまとめた記事はこちら

おしゃれなデザインのオブジェ・置物10選。かわいい北欧デザインもおすすめ
こんにちは。 今回はおしゃれなデザインのオブジェ・置物10選。かわいい北欧デザインもおすすめです。 お部屋のインテリアのワンポイ...

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいますよ