有名建築家が設計した沖縄の建築物10選。庁舎や役所から水族館やホテルまで

2019/02/13

こんにちは。
今回は有名建築家が設計した沖縄の建築物10選。庁舎や役所から水族館やホテルまでです。

沖縄には庁舎や役所、水族館、ホテル、劇場など様々な建築物がありますよね。
そこで、今回は有名建築家が設計した沖縄の建築物をまとめました。

有名建築家が設計した沖縄の建築物!

ここからはいよいよ、実際に有名建築家が設計した沖縄の建築物を見ていきましょう。

那覇市役所

famous-architecture-okinawa

那覇市役所(なはしやくしょ)は、日本の地方公共団体である那覇市の組織が入る施設(役所)である。
新庁舎は地上12階、地下2階建てで、仮庁舎のほか、教育委員会、銘苅庁舎の部局も移転し、総合庁舎としての役割となる。

wikipedia

建築家の国場幸房氏が設計した沖縄県那覇市にある市役所「那覇市役所」!
下部が階段状になった外観が特徴の建物で、インパクトのあるかっこいい建築と話題になっています。
壁面やバルコニーには緑が積極的に取り入れられており、6階の中庭部分は大きな吹き抜けになっていますよ。

那覇市 | 『平和・こども・未来「ひと つなぐ まち」』 | 那覇市 Naha City

 

 

沖縄県庁舎 行政棟

famous-architecture-okinawa2

沖縄県庁舎(おきなわけんちょうしゃ)は、沖縄県那覇市泉崎にある広域自治体たる沖縄県の役所(県庁)の本庁舎である。
隣りには沖縄県議会、沖縄県警察本部庁舎がある。
近くには那覇市役所やテレビ局、百貨店、銀行などが立ち並ぶ。
高層の庁舎は、仕上材料の異なる三層構成となっている。
頂部は、近くにある琉球放送のアナログ放送STL波を豊見城市の旧NHK沖縄放送局にある送信施設に届かせるため、切妻屋根の中央部の曲線で切りとっている(2011年のアナログ放送停波後の改築等は未定)。
正面玄関上部には、シーサーを取りつけるなど、伝統と現代の共生を目指している。
1991年には、第32回BCS賞を受賞している。

wikipedia

建築家の黒川紀章氏が設計した沖縄県那覇市にある県庁舎「沖縄県庁舎 行政棟」!
最上部や側面に曲面を取り入れた巨大な建物で、放送電波の妨げにならないよう屋根の中央部分が切り取ってあります。

最上階の14階には展望台があり、那覇市内を一望できますよ。
この作品で1991年に第32回BCS賞を受賞しています。

庁舎案内/沖縄県

 

 

名護市庁舎

famous-architecture-okinawa3

1981年(昭和56年)6月某日、港地区にて、名護市新庁舎(現在施設)が竣工し、東江にある旧庁舎から機能が移転された。
象設計集団とアトリエ・モビル(丸山欣也主宰)が設計を担当した新庁舎は、同年、第33回日本建築学会賞作品賞を受賞した。
新庁舎は、新築当初、外気を建物内部に取り込む「冷房無し」が話題となり、沖縄各地で同じような発想に基づいて自然換気を生かした住宅が建てられた。
市によれば「庁舎に来訪する市民からの要望」もあって、現在では冷房を使用している。

wikipedia

建築家集団の象設計集団が設計した沖縄県名護市にある市庁舎「名護市庁舎」!
公共建築らしくない遺跡のようなデザインが話題となった建物で、沖縄らしいピンクの花ブロックを使用することで風が抜けるようになっています。

建物の周りがテラスや回廊、スロープなどで構成されており、デザインが異なる56頭のシーサーが並んだファサードも魅力となっていますよ。
この作品は1981年に第33回日本建築学会賞作品賞を受賞しています。

名護市役所

 

 

今帰仁村中央公民館

famous-architecture-okinawa4

今帰仁村中央公民館 | Works | 象設計集団

建築家集団の象設計集団が設計した沖縄県国頭郡今帰仁村仲宗根にある公民館「今帰仁村中央公民館」!
建物は中庭を囲んでコの字型に配置されており、赤い列柱が特徴となっています。
この柱は全部で276本あり、雨端(アメハシ)と呼ばれる庇のような役割をもつ回廊となってますよ。

 

 

沖縄美ら海水族館

famous-architecture-okinawa5

沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園内)の 水族館で、一般財団法人沖縄美ら島財団が管理・運営している。
「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。
大水槽を泳ぐジンベエザメやイルカショーが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。
2005年(平成17年)にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水族館であった。

wikipedia

建築家の国場幸房氏が設計した沖縄県国頭郡本部町にある水族館「沖縄美ら海水族館」!
ジンベイザメが泳ぐ巨大水槽が話題となった水族館で、世界最大のアクリルパネルが設けられています。

入り口には沖縄の気候に配慮した半野外のパーゴラ空間を取り入れ、そこから沖縄の美しい海を眺めることができますよ。
この作品で2006年に第10回公共建築賞の特別賞を受賞しています。

沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-



国立劇場おきなわ

famous-architecture-okinawa6

国立劇場おきなわ|Projects|株式会社高松伸建築設計事務所

国立劇場おきなわ(こくりつげきじょうおきなわ、英語:National Theatre Okinawa)は、2004年1月18日に沖縄県浦添市に開場した劇場である。
全国で5番目に開場した国立劇場で、沖縄伝統芸能の保存振興を図ることを主な目的として設置された。
延床面積は14,729m2の、地上3階また地下1階の劇場で、大劇場は632席、小劇場は255席の客席数を擁する。
施設外観として、琉球王国時代の家屋などを基にしたデザインで設計され、外壁は斜めに交差した網代形の竹組みをモチーフにしている。
屋根には琉球瓦や琉球石灰岩を、海に近く塩害を防ぐ為に外壁には耐食性の高いプレキャストコンクリートを使用している。
2006年には第47回建築業協会賞(BCS賞)、2008年には第11回公共建築賞を受賞している。

wikipedia

建築家の高松伸氏が設計した沖縄県浦添市にある劇場「国立劇場おきなわ」!
沖縄の伝統的なチニブをモチーフにした外壁が特徴で、美しいカーブを描いています。

沖縄らしさも取り入れたインパクトのある建物ですね。
この作品で第47回BCS賞や第11回公共建築賞を受賞していますよ。

国立劇場おきなわ – Home

 

 

沖縄アミークスインターナショナル

famous-architecture-okinawa7

Okinawa AMICS International – Coelacanth and Associates

沖縄県うるま市にあるシーラカンスアンドアソシエイツが設計した幼稚園・小学校・中学校の校舎、沖縄アミークスインターナショナル!
起伏のある敷地に低層の建物をいくつか並べており、図書館を含むメディアセンターなどもあります。
中心には中庭を配置し、建物は吹き抜けの回廊で繋がっていますよ。

沖縄アミークスインターナショナル 幼稚園・小学校・中学校

 

 

ホテルムーンビーチ

famous-architecture-okinawa8

日本におけるモダン・ムーブメントの建築208選に選定!|ホテルムーンビーチ【公式】

沖縄国際海洋博覧会に合わせ1975年(昭和50年)にオープンした沖縄県では老舗のリゾートホテルである。
株式会社ムーンビーチが運営を行っていたが、2001年(平成13年)に親会社であった國場組が経営不振のために、オリオンビール、沖縄電力、琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行などが出資した新会社、ムーンビーチ・リゾート株式会社が設立され運営されている。

wikipedia

建築家の国場幸房氏が設計した沖縄県国頭郡恩納村字前兼久にあるリゾートホテル「ホテルムーンビーチ」!
ピロティや吹き抜けが特徴の建物で、建築面積の8割を占めるピロティからは海を見渡すことができます。

各階の回廊が一体となった吹き抜けにはポトスが垂れ下がり解放的な空間となっていますよ。
この作品でDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれています。

沖縄リゾートホテル|ホテルムーンビーチ【公式】

 

 

沖縄県公文書館

famous-architecture-okinawa9

沖縄県公文書館(おきなわけんこうぶんしょかん)は、1995年に開館した沖縄県が設置する公文書館である。
沖縄県の公文書だけでなく、琉球政府や琉球列島米国民政府の文書も扱っており、戦後の沖縄を知る上で貴重な存在である。
2007年4月に指定管理者制度を導入し、財団法人沖縄県文化振興会が指定管理者になった。

wikipedia

建築家の国場幸房氏が設計した沖縄県南風原町にある公文書館「沖縄県公文書館」!
赤瓦を使用した連続した屋根が特徴の建物で、屋根は30度の急勾配となっています。

高倉をモチーフにしており、壁には台形のルーバー設けられていますよ。
この作品で第37回BCS賞や第7回公共建築賞優秀賞を受賞しています。

沖縄県公文書館 – 沖縄の公文書を扱っています。

 

 

沖縄コンベンションセンター

famous-architecture-okinawa10

沖縄コンベンションセンター(おきなわコンベンションセンター、英語:Okinawa Convention Center)は、沖縄県宜野湾市真志喜四丁目にある沖縄県立の会議展覧センターである。
隣接してビーチやマリーナ、海浜公園、屋外劇場、体育館、野球場、リゾートホテルなどの施設があり県内外の様々な企業や団体のコンベンションやイベントに対応できる。
設計は大谷幸夫で、1987年(昭和62年)に完成した。
1998年(平成10年)には公共建築百選に選定されている。
2007年(平成19年)よりbjリーグに参戦した琉球ゴールデンキングスのメインアリーナでもあった。
2019年には第43回全国育樹祭式典が同アリーナで挙行される予定であり、秋篠宮・同妃紀子が臨場される予定。
2018年には大田昌秀元沖縄県知事県民葬が執り行われた。

wikipedia

建築家の大谷幸夫氏が設計した沖縄県宜野湾市真志喜にある会議展覧センター「沖縄コンベンションセンター」!
曲線を多用した屋根が特徴の建物で、竜宮城のような雰囲気となっています。

展示棟、劇場棟、会議棟A、会議棟Bの4棟で構成されていますよ。
この作品で公共建築百選や第33回BCS賞を受賞しています。

沖縄コンベンションセンター

 

 

新版 あたらしい沖縄旅行 (NEW TRIP)
新版 あたらしい沖縄旅行 (NEW TRIP)

 

雰囲気のある沖縄独特の建築が多いですね。
以上で有名建築家が設計した沖縄の建築物10選。庁舎や役所から水族館やホテルまででした。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいますよ