熱海にある建築家の隈研吾の建築作品4選。カフェからホテルまで

2019/02/05

こんにちは。
今回は熱海にある建築家の隈研吾の建築作品4選。カフェからホテルまでです。

新国立競技場のデザインでも話題となった建築家の隈研吾氏。
木材をうまく使った建築で、国内外に様々な建築物を手掛けています。

隈研吾氏はCOEDA HOUSEやATAMI海峯楼など熱海にも話題の建築物を設計していますよね。
そこで、今回は熱海にある建築家の隈研吾の建築作品をまとめました。

隈研吾とは

kengo-kuma

隈 研吾(くま けんご、1954年(昭和29年)8月8日 – )は、日本の建築家(一級建築士)。
株式会社隈研吾建築都市設計事務所主宰。
東京大学教授。
木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称される。

wikipedia

熱海にある建築家の隈研吾の建築作品!

ここからはいよいよ、実際に熱海にある建築家の隈研吾の建築作品を見ていきましょう。

COEDA HOUSE(コダハウス)

kengo-kuma-atami

8cm角の棒状のヒバ材をランダムに組み合わせて、一本の巨大な樹木のような建築を作った。
鉄の7倍の引っ張り強度をもつカーボンファイバーロッドによる補強によって、一本の樹木のような、大きく枝を張り出した形が可能となり、地震時の揺れを抑えることも可能となった。
敷地は太平洋を望む崖の上にあり、樹木の形状の構造によって、景観の妨げとなる外周部の柱を消すことができた。

COEDA HOUSE | Architecture | Kengo Kuma and Associates

静岡県熱海市にある隈研吾氏が設計したカフェ「COEDA HOUSE(コダハウス)」!
四方がガラス張りになった外観が特徴の建物で、中心にはインパクトのある木組みの柱が建物を支えています。
海側にある人気のカウンター席では、海と空を一望できますよ。

 

 

水/ガラス(ATAMI海峯楼)

kengo-kuma-atami2

水でできた「縁側」によって、建築と海とを接続しようという試み。
ガラスの箱は水の中に浮かび、水は絶えず溢れ続けてそのエッジを失い、太平洋の水と、建築の中に捕らえられた水とがひとつに融け合う。
建築と自然とは、境界をガラスにする事によって接続されるわけではなく、縁側や庇などの水平面を媒介として、一つに接続される。
日本の伝統的建築は、そのような仕掛けに溢れていた。
この建築の隣地にはブルーノ・タウトが設計した「日向邸」(1936年)がたっており、タウトはそこで〈建築とは形態ではなく自然との関係性である〉という日本建築の原理を実践しようとした。
この建築はタウトへのオマージュでもあり、タウトによって日本人が再発見した日本建築の伝統を、現代によみがえらせる試みでもある。

Water / Glass — 水 / ガラス | Architecture | Kengo Kuma and Associates

熱海にある隈研吾氏が設計したホテル「水/ガラス(ATAMI海峯楼)」!
水とガラスをイメージしてつくられた高級ホテルで、全4室の全てオーシャンビューとなっています。

上の写真は海で浮かんでいるような雰囲気を味わえるウォーターバルコニーです。
是非一度は泊まってみたいホテルですね。
この作品で1997年にアメリカ建築家協会ベネディクタス賞を受賞していますよ。

ATAMI 海峯楼【公式】カトープレジャーグループ

 

 

伊豆の風呂小屋

kengo-kuma-atami3

A Small Bathhouse in Izu — 伊豆の風呂小屋 | Architecture | Kengo Kuma and Associates

静岡県熱海市にある隈研吾氏が設計した別荘「伊豆の風呂小屋」!
トタン板を使ったバラックのような外観が特徴の建物で、樋には竹を使用しています。
2階の端に配置された風呂からは、太平洋や大島が見渡すことができますよ。

 

 

界 熱海 古々比の瀧(旧蓬莱旅館)

kengo-kuma-atami4

太平洋を見おろす熱海の大傾斜地に位置する日本を代表する温泉旅館のための、屋根付の露天風呂。
崖の中段の細長い敷地の上に、脱衣、洗い場、浴槽が横一列に連続するようなリニアなプランニングを行った。
床は全てヒノキの板が貼られ、軽やかなプラスティック折板の天井は、60mm角の無垢の鉄骨柱で支えられている。透明性と木の質感との両立によって、日本の木造建築の伝統の再生をめざした。

Horai Onsen Bath House — 蓬莱 古々比の瀧 | Architecture | Kengo Kuma and Associates

静岡県熱海市伊豆山にある隈研吾が設計した露天風呂「古々比の瀧」!
緩やかな勾配のついた屋根が浮いているようなモダンな半露天風呂で、開放的な空間となっています。
元々蓬莱旅館という有名な旅館だったころに作られており、現在は星野リゾートの界 熱海としてリニューアルしていますよ。
もちろん、古々比の瀧は旅館の看板として残されていますよ。

星野リゾート 界 熱海【公式】

 

 

隈研吾氏の作品集もありますよ。

隈研吾/マテリアル・ストラクチュアのディテール
隈研吾/マテリアル・ストラクチュアのディテール

 

ホテルやカフェだけでなく、旅館まであるので、行ってみたいですね。
以上で熱海にある建築家の隈研吾の建築作品4選。カフェからホテルまででした。

建築家の隈研吾が設計した作品をまとめた記事はこちら

建築家の隈研吾の建築作品15選。話題のスタバや無印の窓の家など
こんにちは。 今回は建築家の隈研吾の建築作品15選。話題のスタバや無印の窓の家などです。 新国立競技場のデザインでも話題となった...

 

建築家の隈研吾が設計した美術館をまとめた記事はこちら

建築家の隈研吾が設計した美術館9選。根津美術館や石の美術館など
こんにちは。 今回は建築家の隈研吾が設計した美術館9選。根津美術館や石の美術館などです。 新国立競技場のデザインでも話題となった...

 

建築家の隈研吾が設計した住宅をまとめた記事はこちら

建築家の隈研吾が設計した住宅10選。鉄の家やモクマクハウスなど
こんにちは。 今回は建築家の隈研吾が設計した住宅10選。鉄の家やモクマクハウスなどです。 新国立競技場のデザインでも話題となった...

 

建築家の中村拓志&NAP建築設計事務所が設計した作品をまとめた記事はこちら

中村拓志&NAP建築設計事務所の建築作品9選。代表作の広島のリボンチャペルなど
こんにちは。 今回は中村拓志&NAP建築設計事務所の建築作品9選。代表作の広島のリボンチャペルなどです。 自然を生かした建築が特徴の...

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいますよ